HMBサプリのおすすめはこれ!効果と選び方【筋肉サプリマニア】

HMBサプリおすすめランキング!効果が期待できる筋肉サプリはこれ!

「思うように筋肉がつかない」

「どんなサプリを選んでいいかわからない」

「かなりの種類のサプリメントを摂取している」

「サプリを1つにまとめたい」

「効率よく筋肉をつけたい」

筋トレをしている人や、これからする人にとっては上記のようなことは1度は思うはずです。

筋肉を付けるには、筋トレをすることは必要ですが、それ以上に栄養管理も重要です。

その時に筋肉に良いサプリを有効活用すれば、筋トレの効果を向上してくれます。

全く効果がなければ、現役のボディビルダーの人たちも摂取はしていないはずです。

なので、サプリメントを活用することは悪いことではありません。

しかし、どんなサプリを選んだらいいかわからない人が多いのも事実です。

そんな人におすすめなのが、いろいろな成分がオールインワンで入っているHMB配合の筋肉サプリです

ここではそんなどんなサプリを選んでいいかわからない人にオススメのオールインワン筋肉サプリを紹介します。

HMB配合の筋肉サプリを活用する3つのメリット

今回紹介する筋肉サプリはHMBが配合されているサプリですが、他にもBCAAやクレアチンと言った筋肉に欠かすことができない成分も配合しているオールインワンサプリです。

なので、誰でも手軽に摂取することができますし、より効率的に筋肉をつけることができます。

また、筋肉をつけることで代謝もよくなるのでダイエットをしている女性や減量中の男性にもおすすめです。

HMB配合の筋肉サプリを選ぶ際の3つのポイント

HMB配合量

HMB配合量多いほど結果的にはコスパも良くなるので、1日の配合量が多いものを当サイトでは評価しております。

ただし、HMB摂取量の上限は3,000mgくらいが限度と推奨されているので、3,000mg以下の筋肉サプリで比較。

HMB以外の成分の種類

筋肉サプリは、HMB以外にも筋肉をつけるためにおすすめの成分が複数配合されているのが特徴の1つ。

例えば

  • BCAA
  • クレアチン
  • グルタミン

などの成分が配合されているのかも選ぶ際のポイントにしています。

また、それ以外でも成分数が多い筋肉サプリも比較対象です。

コスパ

最後はコスパです。

サプリメントは継続して使うからこそ意味があるのですが、そうなるとそれなりのお金がかかります。

質が高いから高額のサプリメントでも良いという人もいますが、正直ガチで大会などに出ない場合はそこまで高いサプリは必要ないです。

なので、コスパは非常に重要な選ぶポイントです。

ただ安いだけでもコスパが良いとはいえません。

例えば、少し高いけど全額返金保証がついていたり、通常価格よりも割引になる制度などがあるところなども抑えましょう。

では、次は人気の筋肉サプリ4種類を比較したものです。

他にもたくさん筋肉サプリはあるのですが、それらの筋肉サプリの特徴などに関しては下記で紹介しているので、気になる方はみてみてください。

おすすめのHMB配合筋肉サプリを比較表

  バルクアップHMBプロ ハイバーマッスルHMB ビルドマッスルHMB HMBアルティメイト
商品
HMB配合量 2,000mg 2,000mg 1,500mg 1,500mg
BCAA
クレアチン
グルタミン
コスパ
継続縛り あり(3ヶ月) なし あり(3ヶ月) あり(4ヶ月)
成分数 6種類 4種類 7種類 7種類
コスト(1日辺り) 198円 160円 197円 198円

※HMBの配合量はメーカーが出している1日辺りの目安粒の摂取量です。

上記の表を見るとHMB配合量が多くコスパがいいサプリメントはバルクアップHMBプロです。

ただ、全額返金保証に関しては、すべて付帯していますが、120日間保証が付いているのは、HMBアルティメイトだけです。

少しでも長い保証期間がほしいという方はHMBアルティメイトも要検討です。

それでもHMB以外にBCAA、クレアチニン、グルタミンなどの筋肉の成長に必要な成分が含まれているのはバルクアップHMBプロだけですよ。

HMB配合の筋肉サプリおすすめランキング

icon-rank-tk02_m01バルクアップHMBプロ

おすすめポイント

顧客満足度1位!(楽天リサーチ)

国産HMBca原料を使用!

GMP認定工場で安心!

総合 5.0
成分 4.5
コスパ 5.0

バルクアップHMBプロは、HMBが配合されているオールインワンサプリの中では群を抜いてHMBの配合が高いサプリです。

その量はなんと2,000mg。1,500mg前後というHMBサプリが多い中、この配合量はヤバイです!

1日辺りのコストも低いので、あまり知名度や人気度などを気にしないって人や、低価格で試して見たいという人には、バルクアップHMBプロはおすすめです!

それに、しっかりと全額返金補償も90日間ついてますから、3ヶ月間使って効果がなくても安心して使うことができますよ。

まあ、4か月~半年のサプリ使用が非常に効果的なので、できれば継続することをおすすめはしますけどね。

すぐには結果はでませんから。

ハイパーマッスルHMB

おすすめポイント

オリジナルの筋トレ本が付帯!

継続縛りなしでいつでも解約可能!

パーソナルトレーニング監修!

総合 4.5
成分 4.5
コスパ 4.0

ハイパーマッスルHMBもバルクアップHMBプロと同じくHMBの配合量はそこまでかわりません。

しかし、ハイパーマッスルHMBは他の筋肉サプリにはあまり無い特徴として「継続縛りがない」という大きなポイントがあります。

継続縛りがないので、本当に実質980円で1袋試すことも可能です。

他のHMBサプリだと初回500円などの特典がありますが、結局は数ヶ月の継続縛りがあるので実際には500円以上かかることになります。

成分数などは少し少ないですが、それでもHMB配合量は多いですし、継続縛りがないことを考えばコスパは悪くありません。

やっぱりいつでも辞めたい時に辞めれるっていうのは大きなメリットですから。

継続縛りがウザいと感じている方はハイパーマッスルHMBは要検討ですよ。

ビルドマッスルHMB

おすすめポイント

89.5%の人が実感!

脂肪燃焼サポート成分配合!

総合 3.5
成分 4.0
コスパ 3.5

ビルドマッスルHMBは、筋肉サプリ中ではロングセラーが続いてるので、人気度や知名度に関してはダントツで1番です。評判も悪くなく結果が出ている人が多いのも特徴です。

5つの特典が付いているトクトクコースなら初月500円で全額返金保証90日間付きなので、ほとんどリスクなし試すことができます。

ただ、クレアチンが配合されていないので、その点は上記の2つに劣ってはしまいます。

HMBアルティメイト

おすすめポイント

全額返金保証が120日間!

元レイザーラモン酸監修

総合 3.5
成分 4.0
コスパ 3.5

HMBアルティメイトは以前にあの筋肉芸人で有名なレイザーラモンHGが監修していた筋肉サプリ。

HMBの配合量は1,500mgとビルドマッスルHMBとほとんどかわりません。

ただ、ビルドマッスルHMBとの大きな違いは 全額返金保証が120日間あるという点。

他の筋肉サプリは長くても90日間という保証期間が多いので、その点は大きなメリット。

逆にデメリットとしては4ヶ月間は継続しないといけない継続縛りが長いこと。

なので、ちょっとでも長く筋トレを継続したいと思っている方にはおすすめです。

筋肉サプリの効果|配合されている成分

そもそも筋肉サプリというと

筋肉サプリ=プロテイン

と思っている人がいますが、実際にトップのボディビルーの方やアスリートの方は、プロテイン以外もいろいろなサプリを摂取しています。

有名なところだと

  • HMB
  • BCAA
  • クレアチン
  • グルタミン
  • カルニチン

などなど、その他にもありますが、これらのサプリを摂取しているい人は多いです。

まずは上記の成分がどのような効果があるか知るのも大切です。

そもそもHMBってなんじゃい

そもそもHMBってなんじゃって話しですがHMBは、アミノ酸の一種である”ロイシン”が体の中で代謝された時にできる物質です。

正式には「β-ヒドロキシβ-メチル酪酸」といいます。

このHMBをサプリメント化したものが、HMBサプリになります。

HMBサプリは海外では昔からすでに愛用をしているトレーニーも多く、筋トレをしている人で愛好している人が多いサプリメントでもあります。

あのベストボディジャパンで関東大会優勝になったレイザーラモンHGさんが監修したHMBサプリ

なども出ているくらい人気があるサプリです。

日本でも5年前の2,010年にやっと、販売が許可になったサプリメントなので知らない人も多いと思います。

しかし、すでに海外からの情報などでHMBの効果を知っている方は、このHMBサプリメントを活用している人も多く、徐々に人気も高まってきていた話題のサプリメントです。

HMBの効果は凄まじい

HMBは、ロイシンが体内で代謝されてできた物質です。

ロイシンはアミノ酸の1種ですが、ロイシン、イソロイシン、バリンの3つはアミノ酸でもBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれています。

BCAAはアミノ酸の中でも特に筋肉に対して重要な働きを持つ成分になります。

BCAAの説明をするとかなり時間がかかるので、ここでは簡単に説明しますが、BCAAはタンパク質の合成を刺激して

  • 筋肉の分解を防いだり
  • 筋肉の回復を促進してくれる

これらの働きがあるアミノ酸です。

よく筋トレの上級者などになると、筋トレ中にBACCを飲んでいる方いらっしゃいますが、あれはなるべく筋トレ中に筋肉が分解しないようにするために飲んでいるのです。

BCAAはプロテインにも多く含まれていますが、吸収率に関してはBCAAを単体で摂取した方が圧倒的に早く吸収されます

なので、筋トレ中はプロテインよりもBCAAの方を摂取した方が、吸収も早いのでBCAAを摂取している方が多いのです。

それに筋肉の回復を促進してくれる働きもあるので、筋トレ直後にもプロテインの前に、まずは吸収率がいいBCAAを飲んでる人もいます。

ちなみにBCAAに割合も実は決まっていて、日本では

バリン:ロイシン:イソロイシン=1:2:1

となっていて、BCAAにはロイシンが1番多く含まれています。

他の2つの成分よりも2倍以上含まれているので、それだけ他の2つのアミノ酸よりも筋肉に対しての重要な成分だということになります。

海外ではロイシンが5とか10という配合をしているBCAAもあるみたいです。

それくらい、ロイシンは筋肉を成長させるには欠かすことができないアミノ酸になります。

そんな重要なロイシンが、体内で代謝されてできた物質がHMBというわけです。

HMBになるのは約5%

しかし、ロイシンを摂取しても実はすべてがHMBになるわけではありません。

ロイシン3gからHMBになるのは約5%です。

ロイシンを仮に100g摂取しても、5gしか摂取できません。

100gでたった5g。

それだけ代謝しにくい成分ということになります。

筋肉を効率的に付けるのであれば、1日に最低でもHMBは3gは必要と言われているので、そうなるとロイシンで60gが必要になります

60gものロイシンを摂取するとなると、肉、魚、プロテインから、ロイシンを取り入れるために、かなりの量のタンパク質を摂取しないといけません。

ロイシンのサプリもありますが、すぐになくなってしまうでので、お金がいくらあっても足りません。

それにロイシンだけを摂取しても肝心のHMBにならないと体に上手に吸収されないので、吸収されないということはロイシンの効果が半減してしまいます。

なので、できれば最初からロイシンではなくHMBを直接摂取した方がいいってわけです。

HMBの効果は厚生労働省でも推奨している

実はHMBは厚生労働省でも推奨しており、

地域在住高齢者を対象としたRCT では、HMB にアルギニン、リシンを混合したサプリメント(HMB 2 g、ARG 5 g、LYS 1.5 g)を 12 週間補給した結果、補給群では筋力が有意に増加し、身体機能も有意に向上した

参照「日本人の食事摂取基準(2015年版)

高齢者が対象ではありますが、実際にHMBを摂取することで筋力が増加したという研究結果もあります。

また、こちらの国際スポーツ栄養学会の研究でもトレーニングをしていなかった人も、

HMBが筋損傷(CK)およびタンパク質分解(3-MH)の血漿マーカーを20〜60%の範囲の用量依存応答で減少させることを見出した。持ち上げられた全体重もまた用量依存的に増加した

トレーにニングをしていた人もHMBを摂取することで効果が出たという結果もあります。

トレーニング状況にかかわらず、HMB補給で体脂肪の大幅な減少とLBMの増加が見られました。さらに、ベンチプレスの性能が全体的に55%向上しました。

引用元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2245953/

なので、できれば普通の人も摂取できるのであれば、摂取した方が効率よく筋肉を付けることができるわけです。

BCAAで期待できる効果

期待できる筋肉への効果としては

  • 筋タンパク質合成促進
  • 筋タンパク質分解抑制
  • 筋損傷軽減

など。

減量の人などは、 特に2番めの筋肉の分解を抑制してくれる働きを期待して摂取してることが多いです。

実際に僕もトレ中にBCAAは摂取していますが、以前よりもパフォーマンスが上がったような気がします。

クレアチンで期待できる効果

クレアチンで期待できる効果は

  • 筋力アップ
  • 筋肥大・除脂肪体重の増加
  • 脳の疲労軽減

など。

クレアチンは主に 筋力アップや筋肥大の増加を目的で摂取してる方が多いです。

実際に、僕も増量している時にクレアチンは別に摂取していたことがありますが、その時は重量の伸びが良かった印象があります。

なので、筋肉を付けるという目的で摂取するならクレアチンとHMBが配合されていたほうがより効率よく筋肉を付けることができるはずです。

グルタミンで期待できる効果

グルタミンで期待できる効果は

  • 筋肉の分解抑制
  • 免疫力の向上や傷の修復
  • 疲労回復

など。

グルタミンは運動や風邪、怪我をした際に大量に消費されるアミノ酸で、不足してしまうと身体が筋肉を分解してグルタミンを補給しようとしてしまいます。

そうなると、せっかく筋トレをしていてもグルタミンの不足のせいで筋肉が分解されてしまい意味がありません。

なので、 激しい筋トレや運動、少し疲れが出ているときなどは特にグルタミンの摂取は必須なわけです

僕もグルタミンは毎日摂取しています。元々風邪体質なんですが、グルタミンを摂取してからはそこまで風邪は引かなくなりました。

それにジムに通っているガチのトレーニーの方々たちもほとんどの方がグルタミンは摂取しています。

カルニチンで期待できる効果

カルニチンで期待できる効果はこれ。

  • 脂肪燃焼
  • 成長ホルモンを高める

筋トレなどにおける体つくりでカルニチンの効果が最も期待できるのは脂肪燃焼効果です

上記のクレアチンやグルタミンなどとは違い必須アミノ酸ではないですが、年齢を重ねると体内での生成も少なくなるので、しっかりと摂取することがおすすめ。

以上が筋トレをしていて特に効果が見込むことができる成分です。

普通に考えれば、プロアスリートやトップビルダーの方が摂取しているのだから、摂取しないよりは摂取した方がいいに決まってますよね。

実際に使っているわけですから。

ただ、普通の人でこれだけのサプリを別々に摂取するは、かなり大変なわけです。

そこで、最近出てきたサプリが、上記の成分たちが1つに凝縮されているオールインワンHMB配合筋肉サプリです。

 筋肉サプリおすすめランキング

HMB配合筋肉サプリのおすすめの飲み方

サプリメントの摂取で悩むのがどのタイミングでどれくらい摂取すればより効果的なのかということではないでしょうか?

それに女性でもHMBサプリを摂取しようと考えている方も多いと思うので、ここでは適切な摂取タイミングや女性の方の摂取量などを紹介します。

筋肉サプリを飲むタイミング

まず、筋肉サプリを飲むタイミングですが、

  • 筋トレ日
  • 筋トレオフ日

で少し摂取の方法を変えましょう。

筋トレ日には、仮に筋肉サプリの摂取量が6粒であれば 筋トレ前(運動前)に3粒、筋トレ後(運動後)に 3粒、飲むのがおすすめ

筋トレ日は、筋トレをやっている時が1番大切なので、その前後に飲むことでより筋肉へのアプローチしてくれます。

逆に筋トレオフ日は、 朝に3粒、寝る前に3粒にしましょう。(そこまで気にしなくてもいい)

朝は1日の活動の始まりなので、そのタイミングで摂取するこでよりパフォーマンスがあがりますし、寝る前に摂取すれば睡眠中の成長ホルモンの分泌を促してくれるはずです。

また、空腹時に摂取しても問題ない?という質問もいただきますが、筋肉サプリはあくまでも健康食品で薬ではありません。

空腹時に摂取したからといって、副作用などはでることはほとんど考えられないので、空腹時でも問題はないかと。

筋肉サプリの目安の摂取量

HMB配合の筋肉サプリは、基本的にHMBがメイン成分なのでHMBの上限は守るようにしましょう。

ちなみに国際スポーツ栄養学会の研究によると、 1500mgと3000mgとを比較した場合、3000mgのほうが明らかに効果は高かったとされています

参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3568064/

ただ、3,000mgと6,000mgではそこまでの差はなかったという研究結果もあるので、

3または6グラムの条件の間に差は見られなかった。

できれば3,000mgを目安に摂取するようにしてください。

女性の摂取量

男性と女性では摂取量を少し変えたほうがいいかなと思います。

先程の研究はあくまでも男性を対象にしている結果だったので、女性だけの研究結果はまだありません。

男性だと、3000mgが目安なので女性なら1,500~2000mgを目安に摂取するといいでしょう。

筋肉サプリと他のサプリとの優先順位や飲み合わせ

HMB配合の筋肉サプリ以外にも

  • マルチビタミン・ビタミン
  • オメガ3(DHA・EPA)
  • αリポ酸

などの成分を摂取したいと考えてる方もいると思います。

優先順位としては、 筋肉を付けることが目的なのであれば、HMB配合の筋肉サプリをまずは摂取することをおすすめします

筋肉を付けるのではなく、あくまでも健康を目的としているならマルチビタミンやオメガ3などの成分から摂取してもいいでしょう。

また、飲み合わせに関しては僕は

  • マルチビタミン・ミネラル
  • HMB配合筋肉サプリ
  • グルタミン
  • αリポ酸

これらを摂取していますが、筋肉サプリ以外に関しては食後に摂取することが多いです。

他のサプリに関しては筋肉サプリほど、摂取タイミングを意識しているわけではないので、忘れないタイミングで摂取すればいいかなという感じです。

筋肉サプリと薬の飲み合わせ

筋肉サプリはあくまでも健康食品なので、 持病があり他の常備薬などがある方や風邪などで薬を摂取している場合でも基本的に飲み合わせても問題はありません

筋肉サプリの販売元でも

このように書いてあります。

ただ、下の方に薬を服用中の方は事前に担当医に相談してくださいと書いてるので、摂取してるサプリが大丈夫かどうかは一度相談したほうがいいかもしれません。

万が一ということも考えられますので。

HMB配合の筋肉サプリの価格はコスパが良い!

サプリメントは継続してこそ効果の実感はわかるものです。

というのも、しっかりと筋肉を付けたり引き締まった体がほしいのであれば、最低でも3ヶ月くらいの期間は必要です。

そうなると、1袋で終わり!ということにはなりませんよね?

別々にいろいろな成分を摂取しているとそれだけ月にかかるコストも高くなります。

それに比べてHMB配合の筋肉サプリは、様々は筋肉に良い成分が配合されているオールインワンのサプリです

なので、別々に摂取するよりもコスパはとても良いです。

市販やスポーツ店では高い筋肉サプリがありコスパが悪い

ツルハやマツキヨなどのドラックストアやゼビオなどの有名スポーツ店などで売られている筋肉サプリの中には高額で売られて場合があります。

それは有名な製薬会社が作っているからという理由がほとんどです

でも、有名な製薬会社が作っているからといってHMBの効果が変わるわけでもないですし、逆に成分数が無いのに高いという筋肉サプリもたくさんあります。

また、市販やスポーツ店で売られている方が安心という方もいますが、そんなことはありません。

あまり会社自体は知名度がないけど、素晴らしいサプリを作っている会社はたくさんありますから。

知名度や高いという理由だけで選ぶのは危険です。

それに、ドラッグストアやスポーツ店で売られている筋肉サプリにはほとんど特典などは付帯していません。

そう考えると知名度は合ってもコスパはとても悪いです。

安すぎる筋肉サプリにも注意が必要

逆に、安すぎる筋肉サプリにも注意が必要です。

安すぎるということは、何かしらの理由がありますからね。

ドンキホーテなどでたまに激安の筋肉サプリなどを見かけますが、個人的には怖くて手は出しません

品質なども気になりますし。

上記のように高すぎるのも継続できないので考えものですが、安すぎるのも少し疑うようにしてください。

  • 安すぎる=コスパが良い

というわけではありませんから。

HMB配合の筋肉サプリの安全性

筋肉サプリにかかわらず、口にいれるものの安全性は気になるものですよね。

筋肉サプリに関していえば、 副作用などの健康被害が出たという話は聞いたことはありません

そもそも筋肉サプリは食品なので副作用がでるということは、基本的にはないはずです。

もし、副作用や健康被害が出ることがあるとすれば、過剰摂取によるものでしょう。

先程紹介した、HMBの摂取量の上限は必ず守るようにしてください。(3000mg)

それ以上摂取したからといって効果が2倍になることはありませんので。

成分原料は日本産がおすすめ

バルクアップHMBプロでは、国産原料のHMBcaを使用しています。

筋肉系のサプリメントは海外産のものが多いですが、初めて購入するならできれば日本産を選んだ方がいいです。

今でこそ僕は海外産のサプリメントも活用していますが、やはりたまに味などが合わないと感じることが多いので。

国内最高レベルのGMP認定工場の筋肉サプリを選ぼう

引用元:http://www.jhnfa.org/gmp-03.html

GMPとは、 厚生労働大臣が定めた医薬品等の製造管理、品質管理の基準のこと

すごい汚い工場などで製造されていたら、いくら良い成分を使用していても嫌になりますよね?

サプリメントは口にいれるものなので、品質管理がしっかりとされていないサプリは正直怖いです。

GMPの基準に満たしている工場で生産されていれば、医薬品レベルの製品を作っても問題ないという基準になります。

バルクアップHMBプロは、国内のGMP認定工場で生産されているので、安心して摂取することができますよ。

では、次にHMBサプリで気になることをいくつかまとめて紹介します。

 筋肉サプリ比較ランキング

HMB配合筋肉サプリはダイエットに活用できる!

HMB配合筋肉サプリをダイエットをする際に活用したいという人もいるかと思います。

では、実際にどうなのか。

結論を言えば、HMBという成分には脂肪を燃焼させる作用などは確認されていなので、直接的なダイエット効果というのは微妙かもです。

なので、HMB単体で購入してしまうと、ダイエットだけ目的という点はおすすめはしません。

ただ、HMB配合筋肉サプリならダイエットに有効な成分も含まれているので、ダイエット効果も期待することが可能です。

また、 HMB配合筋肉サプリを飲むことで通常何も摂取しないで筋トレや運動をするよりは筋肉の増加を見込むことができます。

それにより筋肉量が増えて自然と代謝量も増えてダイエットに繋がるというわけです。

いずれにせよ、筋トレや運動はしないとダイエットとしての効果はほとんどでないと思うので、飲むだけで痩せようと思っている人は辞めましょう。

お金の無駄ですし、それならまだ他のサプリメントを試したほうがいいです。

筋肉を付けるってめちゃくちゃ大変なことなので、それをサポートしてくれるのがHMB配合筋肉サプリ。

ダイエットのためだけのサプリはではありませんので。

HMB配合筋肉サプリとプロテインは併用すべき!

よくいろいろなサイトみているとHMBサプリを摂取すればプロテインはいらない!みたいなことが書いてあるネットの情報がたくさんありますが、

イヤ、プロテインとHMBを一緒にするなよっていいたい。

HMBはあくまでも1つの筋肉をサポートする成分であってプロテインとは全く別物と考えた方がいいです。

全くの別ってわけでもないんですけど(プロテインにはロイシンも含まれているので)

  • プロテイン→身体全体のタンパク質源
  • HMB→筋肉の減少や筋肉をサポートする成分

このような違いがあります。

恐らくですが、ボディビルダーの方やフィジークの方でプロテインは摂取せずにHMBで代用しているという人は多分いないです。

逆にプロテインは摂取するけど、HMBは摂取してないって人は多いと思いますが。。

なので、できるならプロテインと一緒に併用した方がいいです。

ただ、プロテインでも金額がピンきりなので2つ同時の摂取は厳しいという人は、まずはどちらか1つから始めても問題はありません。

プロテインかHMB配合筋肉サプリどちらかにする場合

では、決める際のポイントですが、

通常の食事からしっかりとタンパク質を摂取できているのであれば、HMBだけでもいいです。

逆に、普段の食事からあまりタンパク質を摂取出来ていない人は、まずプロテインからはじめてみるのがいいかなと思います。

結局、1番筋肉などに大切のは三大栄養素であるタンパク質なのでタンパク質不足になるのはさけた方がいいです

まとめると

  • 普段の食事からタンパク質を摂取できる→HMB配合筋肉サプリで決まりだね!
  • 普段の食事でタンパク質をあまり摂取できない→プロテインで決まりだね!

このような基準で決めるのがいいかと。

もちろん、決まりではないですし、人によってはHMB配合筋肉サプリだけでもガッツリ筋肉が成長する可能性はあるので、あくまでも個人的な意見です。

実際にボクもHMB配合筋肉サプリも摂取していますが、プロテインはその前からずっと併用しています。

HMB配合筋肉サプリは詐欺商品でステマが多いの事実

はい。これもよくある質問の1つですが、 HMB配合筋肉サプリ関連のサプリは詐欺商品ではありません

そもそも、詐欺商品っていう人はしっかりと公式サイトを見ていない可能性が高いです。

詐欺商品なら今頃、捕まっているから販売が停止してますし、そんなリスクを会社としても取ること自体メリットはありません。

なので、HMB配合筋肉サプリが詐欺商品というわけではなく、単純にちょっとわかりづらいというだけ。

これは、ボクも一度直接、HMB配合筋肉サプリを売っている会社に意見を言ったことがあります。

それくらい当サイトへも被害が多かったので。。

特にわかりづらいのが継続縛りと呼ばれるものだと思います。

これは、見たことがある人も多いと思いますが「初回や定期的に金額を安くするから〇〇ヶ月は続けてね!」という制度。

これをしっかりと理解できてないと、詐欺だ!ってなっちゃうわけです。別に詐欺でもなんでもないんですけどね。

基本的にかなり格安で初月の金額が安かったり、定期便が安いものはほとんどが継続縛りがあると思っておいて問題はないかと。

では、この継続縛りは完全な悪なのかというとそうではないです。

今回紹介しているHMBサプリでも継続縛りがないサプリもありますが、結局トータル的に考えると金額は割高にはなってしまいます。

ということは、 継続縛りがあることでかなりコストを抑えることができているというわけです

もちろん、1ヶ月程度試したい人にとっては継続縛りなんていらないかもしれません。

高く付くわけですし。

でも、基本的にサプリなどは数カ月は継続して使用することが多いです。

ボクなんてプロテインをもう何年活用しているか。怖くて想像もしたくありません。

それは何故か。

結局、効果が実感できる期間利用しようと思ったらある程度の期間は継続しないと実感できない人が多いからなんですよね。

口コミなどはすぐに効果を実感できました!という声もありますが、そんな口コミなんて数%あればいいほうですから。

ほとんどの人は何かしらの効果を実感できるまで時間がかかるわけです。

だから、ボクはある程度の継続縛りはしょうがないのかなと思います。それによって金額が抑えられるなら嬉しいですし。

ただ、企業側はもう少しわかりやすくしてほしいというのは個人的に思います。

何故にあんなにわかりづらく書くのか。ここは修正していってほしい部分ですね。

まー、1番は継続縛りがなくなってあの金額で提示でききれば1番いいですけど、やっぱりそれはまだ難しいかも。

予算的に考えても。

HMB配合の筋肉サプリってステマじゃない

また、HMB配合筋肉サプリってステマじゃないの?と思う人がいますが、そもそもステマの定義ってなんですかね?

テレビコマーシャルってステマではないのでしょうか?あんな芸能人をガンガン使って売り込みをしてますよね?

その商品を本当に良いと思って芸能人の人は紹介していると思っていますか?

ぶっちゃけ商品をわかって紹介してる人なんてどれくらいいるかどうか。そんなレベルですよ。

テレビで紹介されているからステマじゃないっていうのは、ただの勘違いです。

確かに異常にモデルやトレーナーとかに宣伝させているHMB配合筋肉サプリはやりすぎ感はありますが、それでも全く使って効果がなかくても紹介した!なんてことはないでしょう

そんなことしたら会社は倒産に追い込まれてしまいまし、紹介した方もリスクが高すぎます。

ちょっとここだけで長くなりましたが、結論は

HMBサプリは詐欺ではない

ということだけは覚えておいてください。

HMB配合の筋肉サプリのそれぞれの特徴

最後に現在出ているオールインワン筋トレサプリで有名なものは

  • バルクアップHMBプロ
  • ハイパーマッスルHMB
  • ビルドマッスルHMB
  • 医食同源 HMB2500プロスペック
  • HMB極ボディ
  • パーフェクトビルドEAA
  • マッスルエレメンツHMB
  • HMBアルティメイト
  • 医食同源 HMBタブレット
  • HMBマッスルプレス
  • キレマッスル
  • 金剛筋HMB
  • DCC ディープチェンジクレアチン
  • DCH ディープチェンジHMB
  • B.B.B(トリプルビー)
  • ボディメイクプログラムHMB

この15個になります。

それぞれ紹介していきます。

ビルドマッスルHMBの特徴

ビルドマッスルHMBは、オールインワン筋肉サプリの元祖とも言える筋肉サプリです。

4粒でHMBが1,500㎎摂取することができ、免疫力を上げてくれるグルタミンなども配合されています。

それに、筋トレに欠かすことができないBCAAも含まれているので、筋トレのパフォーマンスを上げてくれます。

筋肉をつけつつ、パフォーマンスもあげたい人にはピッタリの筋肉サプリです。

概要

 概要 ビルドマッスルHMB
初回価格 初回500円(通常7,900円)
定期価格 5,925円
1日のコスト 198円
全額返金補償 3ヶ月分
メインの成分 HMB・BCAA
原産国(成分) 不明
形状 粒状(タブレット)
その他成分 BCAA
バイオペリン
グルタミン
シニュリンPF
トンカットアリ
フェヌグリーク

医食同源 HMB2500プロスペックの特徴

医食同源 HMB2500プロスペックは、あの格闘家の魔裟斗さんが監修して愛用しているHMBサプリ。

HMBの配合量が2,500mgと今回紹介している筋肉サプリの中では群を抜いて高い配合量です。

ただし、BCAAやクレアチンといったアミノ酸が他には付帯していないので、それらも同時に摂取したい方にはあまりおすすめはしません。

まあー、それでも金額も安く設定されていてHMBだけで考えるならコスパは良いので、別途BCAAなどを摂取している人にはいいかもしれません。

HMB極ボディの特徴

こちらのHMB極ボディもタイアップの筋肉サプリで元ボクシング世界チャンピオンの亀田興毅・大樹兄弟が監修、愛用しているHMBサプリです。

HMBは2,100mgと高配合量。

更に、アストラジンというHMBの吸収率をアップさせてくれる成分が含まれているため、実質的には3,000mg摂取できている計算になるみたいです。

その他にも必須アミノ酸であるEAAなども含まれているので成分に関してはトップクラスでしょう。

ただ、金額はその分安くはないので、コスパ重視でいくならおすすめはしません。

DCC ディープチェンジクレアチンの特徴

DCC ディープチェンジクレアチンは、クレアチンとHMBの両方がメインに含まれている筋肉サプリ。

その他にも、BCAAや運動持久力の向上や、疲労感軽減などの働きがあるイミダ15などが配合されています。

今回紹介する筋肉サプリの中でも、配合されている成分が多いので、まさにオールインワン筋肉サプリとも言えます。

また、実際にボディメイクのプロも推奨しているサプリということもあり、人気が出ているサプリです。

概要

  概要 DCC ディープチェンジクレアチン
初回価格 初回560円(通常11,200円)
定期価格 7,840円
1日のコスト 261円
全額返金補償 3ヶ月分(90日間)
メインの成分 クレアチン・HMB・BCAA
原産国(成分) 国内
形状 粒状(タブレット)
その他成分 イミダ15
ブラックジンジャー
コレウスフォルコリ
シトルリン
オルニチン
発酵エキス
水素吸蔵サンゴカルシウム
デキストリン

DCHディープチェンジHMBの特徴

DCH ディープチェンジHMBは、HMBの配合量が2,000mgと高く、HMB以外にもクレアチンやグルタミンなどの筋肉欠かすことができない成分が配合されているサプリです。

パッケージもシンプルで、無料でトレーニングブックトレーニング器具が貰えるキャンペーンも行っていることで有名です。

また、日本製なので海外製のサプリメントは少し不安。という方にもおすすめです。

概要

  概要 DCH ディープチェンジHMB
初回価格(7日分) 初回560円(通常:9,482円)
定期価格(30日分) 9,828円
1日のコスト 310円
全額返金補償 3ヶ月分(90日間)
メインの成分 HMB・クレアチン・BCAA
原産国(成分) 国内
形状 粒状(タブレット)
その他成分 クレアチン
BCAA
シトルリン
L-アルギニン
セルロース
グルタミンペプチド
オルニチン

バルクアップHMBプロの特徴

バルクアップHMBプロは、HMBが2,000mgとHMBサプリの中でもトップクラスの配合量で有名な筋肉サプリ。

HMBだけではなくクレアチンやBCAAといった成分も含まれているので、とにかく量や成分にこだわりたいという人にはオススメ。

また、HMBも国産原料で国内の工場で作っているので、安全性などにもかなり重点を置いています。

全額返金保証も付いているので、とりあえずリスクなしで試してみたい人にも価値はあるサプリですよ。

概要

  概要 バルクアップHMBプロ
初回価格 初回500円(通常11,700円)
定期価格 5,950円
1日のコスト 198円
全額返金補償 3ヶ月分(90日間)
メインの成分 HMB
原産国(成分) 国産
形状 粒状(タブレット)
その他成分 クレアチン
BCAA
グルタミン
クラチャイダム

 

パーフェクトビルドEAAの特徴

パーフェクトビルドEAAは、ロイシンの強化型であるEAAとタンパク質合成をサポートしてくれるEMRが配合されているサプリ。

この2つの成分が含まれている、オールインワン筋肉サプリは、パーフェクトビルドEAAのみです。

実際にEMRはウィダーのプロテインにも含まれていて、その成分の研究結果も実証済みです。

出典:ウィダーより

その他にも、HMBやBCAA、クレアチンもしっかりと含まれているので、他にはない成分を試したいという人に人気のサプリです。

概要

  概要 パーフェクトビルドEAA
初回価格 初回630円(通常8,532円)
定期価格 6,399円
1日のコスト 213円
全額返金補償 3ヶ月分(90日間)
メインの成分 HMB・EAA・EMR
原産国(成分) 不明
形状 粒状(タブレット)
その他成分 クレアチン
コレウスフォルスコリ
フェヌグリーク
松樹皮エキス
グルタミン
クエン酸
オメガ3パウダー
バイオペリン
トンカットアリ
マカ

マッスルエレメンツHMBの特徴

マッスルエレメンツHMBは、クレアチンとHMBが配合されているサプリ。

⇒マッスルエレメンツHMBとビルドマッスルHMBを比較。効果・料金を検証

更に遺伝子成分のDNAとRNAという成分も含まれています。

クレアチンは、国内産にこだわっていて、不純物がほとんど入っていません

他のオールインワン筋肉サプリでは、海外産か国内産が書いていないところもあるので、それらと比べると安心感はあります。

また、4つの特典が付く四回定期コース以外にも、様々なセットコースがあるので、自分の目的によってコースを選ぶことができます。

初回が格安になる特典はつきませんが、単品でも購入が可能です。

純国産じゃないと不安という方は、マッスルエレメンツHMBで試して見たほうがいいかもしれません。

概要

  概要 マッスルエレメンツHMB
初回価格 初回1,058円(通常8,532円)
定期価格 6,286円
1日のコスト 210円
全額返金補償 3ヶ月分(90日間)
メインの成分 HMB・クレアチン
原産国(成分) 国産
形状 粒状(タブレット)
その他成分 BCAA
コエンザイムQ10
α―リポ酸
クエン酸
L-アルギニン
L-オルチニン
ポリアミン
ブラックジンジャー
デキストリン
その他ビタミン多数

ハイパーマッスルHMBの特徴

ハイパーマッスルHMBは、HMB配合量が1,937mgとバルクアップHMBプロについで高い含有量を誇る筋肉サプリ。

HBM以外にも、BCAAを始めタンパク質の合成の手助けをしてくれる亜鉛も含まれています。

初回価格は980円と他のサプリに比べると若干高いですが、その分、いつでも定期コースを辞めることできるという制度を導入しています。

この制度があるので、ハイパーマッスルHMBでは実際に980円だけで試すことも可能です。凄いですよね。

それに現時点で、この制度を行っているのはハイパーマッスルHMBだけで、他の筋肉サプリでは導入されていません。

なので、できるだけ費用を抑えたい人や、定期コースの縛りが嫌だったという人にはハイパーマッスルHMBはおすすめですよ!

もちろん、全額返金保証もついてますから。

概要

  概要 ハイパーマッスルHMB
初回価格 初回940円(通常8,800円)
定期価格 6,480円
1日のコスト 216円
全額返金補償 15日間
メインの成分 HMB・BCAA・亜鉛
原産国(成分) 不明
形状 タブレット型
その他成分 トンカットアリ

HMBアルティメイトの特徴

HMBアルティメイトは、HMBとBCAAとグルタミンがメイン成分の筋肉サプリ。

HMBは1500㎎配合しています。

含まれている成分の中には、男性ホルモンの調整機能があるトンカットアリや、血糖値低下作用、体脂肪減少の効果があるシニュリンPFなどが含まれています。

とりあえずHMBにどれだけ効果があるか試したい人には、お試し安い金額になっています。

概要

 概要 HMBアルティメイト
初回価格 初回500円(通常7900円)
定期価格 5,925円
1日のコスト 198円
全額返金補償 4ヶ月分(120日)
メインの成分 HMB・BCAA・グルタミン
原産国(成分) 不明
形状 粒状(タブレット)
その他成分 バイオペリン
コレウスフォルスコリ
グルタミン

医食同源 HMBタブレットの特徴

医食同源のHMBタブレットは、なんといっても継続縛りなし試すことができるHMBサプリです。

配合されている成分は、HMBの他にクエン酸とビタミンB2くらいしかありませんが、単純にHMBの摂取を求めているなら医食同源 HMBタブレットで十分かと。

定期コースにしても、初回680円で試せてそこで解約することも可能なので、気軽に試すには持ってこいのサプリです。

それに、飲むタイプではなく噛み砕いて食べて摂取することができるので、粒が大きくて飲み込むのが大変という人にもおすすめです。

概要

 概要 医食同源 HMBタブレット
初回価格 初回680円(通常2.678円)
定期価格 2,410円
1日のコスト 58円
全額返金補償 なし
メインの成分 HMB・クエン酸
原産国(成分) 不明
形状 噛めるタブレット
その他成分 クエン酸
ビタミンB2

HMBマッスルプレスの特徴

HMBマッスルプレスは、あのプロボクサーの長谷川穂積さんが監修したHMBサプリ。

筋力サポート加圧インナーを販売している日本サプリメントフーズ株式会社が作ったサプリになります。

これといった特徴は特にはないですが、継続縛りがないことや初回が半額で試せるキャンペーンなどは大きな特徴の1つです。

HMB以外の成分はほとんど入っていないので、純粋にHMBだけを摂取したいという人にはおすすめかもしれません。

概要

 概要 HMBマッスルプレス
初回価格 初回2,673円(通常7,236円)
定期価格 5,346円
1日のコスト 149円
全額返金補償 なし
メインの成分 HMB
原産国(成分) 不明
形状 粒状(タブレット)
その他成分 なし

キレマッスルの特徴

キレマッスルは、タレントや俳優で活躍している杉浦太陽さんが活用したHMBサプリ。

1日で1,800mgのHMBを摂取できるので含有量は多いです。

シルトリンやアルギニンといった男性に欠かすことができない成分が含まれているの大きな特徴の1つです。

概要

 概要 キレマッスル
初回価格 初回500円(通常9,972円)
定期価格 6,980円
1日のコスト 179円
全額返金補償 30日間
メインの成分 HMB・BCAA・グルタミン
原産国(成分) 国産
形状 粒状(タブレット)
その他成分 BCAA
シトルリン
アルギニン
グルタミン
オルニチン塩酸塩
コラーゲンペプチド
クレアチン
エラスチン

金剛筋HMBの特徴

金剛筋HMBは、あのサッカーで有名なロナウジーニョが愛用しているHMBサプリ。

配合量も2,000mgと高配合量です。

HMB以外にもクレアチニンを配合しているので、さらなるパワーアップを目指したい人におすすめ。

概要

 概要 金剛筋HMB
初回価格 初回4298円円(通常9,999円)
定期価格 なし
1日のコスト 129円
全額返金補償 なし
メインの成分 HMB・クレアチニン
原産国(成分) 不明
形状 粒状(タブレット)
その他成分 クレアチニン
ロイシン
バリン
イソロイシン

ボディメイクプログラムHMBの特徴

ボディメイクプログラムHMBは、男性よりも女性向けに作られたHMB配合サプリです。

恐らく、女性向けでは初のHMB配合サプリでしょう。

配合量は1,000mgと少ないですが、BCAAやグルタミンといった成分も配合されています。

実際にインスタでも数多くの女性が利用して、メリハリボディを手に入れています

ちょっと上記のようなゴリゴリの男性向けのHMB配合サプリは、苦手という女性にはおすすめのサプリですよ!

 

概要

 概要 ボディメイクプログラムHMB
初回価格 初回540円(通常6,458円)
定期価格 5,378円
1日のコスト 179円
全額返金補償 なし
メインの成分 HMB・BCAA・グルタミン
原産国(成分) 国産
形状 粒状(タブレット)
その他成分 L-カルニチン
グルタミン
シニュリンPF
トンカットアリ
フェヌグリーク

 

B.B.B(トリプルビー)の特徴

B.B.B(トリプルビー)は、カリスマトレーナーの「AYA」さんが監修したHMBサプリです。

他のHMBサプリと違うのは、タブレットではなく粉末状であるということ。

タブレットは、手軽に飲める反面、粒が大きいと飲みづらいというデメリットもありますからね。他にはないメリットです。

また、成分もHMBを含めて14種類も配合されているので、まさにオールインワンサプリ。

AYAさんのような体を目指しているなら試してみる価値はあると思いますよ。

概要

 概要 B.B.B(トリプルビー)
初回価格 初回540円(通常9,331円)
定期価格 6,998円
1日のコスト 179円
全額返金補償 30日間
メインの成分 HMB・BCAA・スーパーフード
原産国(成分) 国産
形状 粉末状
その他成分 クレアチン
クエン酸
オルニチン
BCAA
L-アルギニン
L-カルニチン
α―リポ酸
イミダゾールペプチド
バイオペリン
ピニトール
イソフラボン
葉酸
ビタミン

以上が現在出ているHMBサプリの詳細です。

他にも商品が出てきてたら随時公開していきます。

まとめ

オールインワン筋肉サプリといっても、たくさんあります。

しかし、すべてをサプリを摂取する必要はありません。

とりあえず、1種類の筋肉サプリを試してみて、それでもあまり効果がないようなら他のサプリを検討してもいいです。

まず、1つのサプリを3ヶ月~4ヶ月は継続して、ガッツリ筋トレをしてみてください。

 筋肉サプリ比較ランキング